CONTACT

バッグには
『未来』が入っている。

その日に使うであろうものを予測して入れてあるバッグはまさに『未来』。
そう、私たちは毎日『未来』を持ち歩いているのだ。
入れるものを変えて出かければ、あなたの『未来』は簡単に変わるかもしれない。
どうせならば自分のお気に入りのバッグに『未来』を詰め込もう。

ヌンクのバッグを持った女優の新連載『BAG TO THE FUTURE』。
第二回目は映画やドラマ、そしてファッションの世界でも唯一無二の存在感を放つ森田想(こころ)さん。
「勘のいい人」に出会うことはこの世界では珍しくないが、「カメラが喜ぶ人」に出会うことはごく稀である。
強風さえも味方につけ、全ては彼女の為に動いているのではないかという感覚に浸りながら、
その才能に置いて行かれないように必死でシャッターを押し続けた。

Interview with Kokoro Morita

―撮影お疲れ様でした。風強かったですね(笑)
森田:本当ですね。髪の毛大丈夫だったですかね(笑)
―全然大丈夫。久しぶりに撮らせて頂き、またファンになりました。
森田:嬉しい!ならよかったです(笑)
―今回は「BAG TO THE FUTURE」という連載なんですが、森田さんは普段バッグには何を入れていますか?
森田:財布、PASMO、家の鍵、薬が入った袋、化粧ポーチとかですかね。結構スタメンは多い方です。
―だとすると小さいバッグよりは大きめな方がいいですね。
森田:そうですね、容量がないと私はダメですね。現場とかに行く時はこのスタメンとは別に台本なども入れないとですし。
―バッグを買うときの判断基準はなんですか?
森田:現場に行く時なんかに非常にいいですよね、台本も余裕で入りますし。外ポケットがあるところも好きです。ケータイとかリップとかよく使うものモノは外ポケットに入れたいんです。あとショルダーにできるところも個人的には嬉しいです。スカーフとかバッジをつけて自分らしくカスタマイズして使いたいですね。
―色はどうですか?
森田:私、色の中で緑が一番好きなので、すごくタイプです。カーキと緑の間というか絶妙な色ですよね。自分の持っているワードローブに馴染みやすくて重宝しそうです。
―普段は洋服のコーディネートを組んでからバッグを合わせるほうですか?
森田:そうですね、服を決めて、メイクして、髪の毛やってから最後にバッグを選ぶ、そんな感じですね。最終的なバランスを見てからバッグを決めた方がなんとなくしっくりくるんです。
―バッグを買う頻度ってどのくらいですか?
森田:高いモノはたまーにご褒美で、という感じですけど、例えば美術館とかで売っているエコバッグみたいなものは2ヶ月に一回とか買ってしまいますかね。かわいいモノに出会ったら買うみたいな感じです。
―森田さんの今のファッションの気分は?
森田:ベルリンで活動しているインスタグラマーでMELちゃんという人がいるんですが、彼女のファッションが今めちゃくちゃ気分ですね。カジュアルなデニムにプリントTなんだけどネックレス重ね付けしたり、とにかくすごくかわいいんです。そういうアメカジな格好が今は気分ですが、日によってファッジっぽい格好をしたくなる時もあるし本当にファッションの気分は変わりやすいですね。
―今日の格好はいかがでしたか?
森田:マニッシュで強い気分になれるので、こういうジャケットは大好きです。私いつかセリーヌのジャケットを自分で買って似合うような人になりたいんですよね。あと最近はピンヒールも履くようにしています。昔じゃ絶対考えられなかったですけど、ピンヒールを履いた時の背筋が通る感じにハマっています。この間現場に履いてったら「だれ?」ってなりましたけど(笑)それくらい昔の私じゃ考えられなかったです。
―年齢とともにファッション観にも変化が出てきたんですね。それ以外に変わったことはありますか?
森田:安いからといってオンラインでとりあえず買うということをやめました。少し値段がしても本当に自分にとって必要なもの、欲しいものを買おうという気分になっています。
―好きな色は緑ということですが、理由はありますか?
森田:流行りによって多少は左右されますけど、緑はずっと好きです。緑を着ている時が一番人から褒められるんですよね。だからかもしれないです。
―好きなモチーフなどはありますか?
森田:ずっと蜂が好きです。好きになった理由はたしかグッチとかディオールが蜂モチーフを出していたのを見て、うわっかっこいいって思って。それで蜂モチーフの意味調べて見たら「平和」とか「幸せ」というワードが出てきて、感覚的にこれ好きってなりました。ビビビっていう感じというか、絶対自分に合ってるなって。
―集めたりもしていますか?
森田:はい。今日しているネックレスもそうですし、あとはよく蜂モチーフのタトゥーシールをつけますね。無条件で気分が上がるし、なんか嫌なことがあっても「いいのいいの、私はいま蜂つけてるから」っていうマインドになれるんです。だから私にとってはお守りに近いかもしれない。友達に「あれ、今日蜂つけてないんだ」って言われると急に心配になったりしちゃいますし(笑)
―メンタルは強いほうですか?
森田:強くはないです。月に20日くらいはメンタルブレイクしてます(笑)だから私には蜂が必要なんです。
―森田さんのインスタグラムを見ていて、非常におしゃれ感覚が優れた人だなといつも感心させられます。
森田:嬉しいです。カメラマンのミトグラフさんと「インスタで売れよう」っていう試みをしていたので(笑)何も考えずに投稿するのではなくて、ちゃんと投稿後の構図も考えて投稿しようとは心がけています。最近は白枠を外したり、どうしたらよりおしゃれに見えるかを研究中ですね。
―流石です。今後の森田想、ここを見て欲しいということはありますか?
森田:日々の成長ですかね(笑)本業の女優はもちろんですけど、物書きも好きなので今後自分のメディアを作れたらなと思っています。いきなり仕事にしてしまうと性格的に締め切りとかで嫌になってしまいそうなので、まずは自分のペースで気ままにできたらなと。あとはファッションも変わらず好きですし、最近はビューティのお仕事も頂けるようになってきたので、そちらも頑張りたいです。ぜひおしゃれなインスタグラムもチェックして頂けたら嬉しいです!(笑)

PROFILE

KOKORO MORITA 森田 想

2000年生まれ、東京都出身。幼少の頃から映画、TVドラマ、CMなどで活躍。映画『アイスと雨音』にて初主演、その演技力を評価される。その他、映画『ソロモンの偽証』、『朝が来る』、NHK連続テレビ小説『エール』など話題作に出演。映画『わたし達はおとな』が6月10日(金)に公開。
Instagram:@kokoro_morita
Twitter:@kokoromorita